LOG IN

載らなかった文章に供養を

by しましょ(島田祥輔)

科学雑誌『ニュートン』で記事を書きました。そのときのお話でも。

雑誌の場合、大体の文字数が決まっているから、それに合わせた文章を書く。
今回はざっくり2000字。
最初に書き上げたときの文字数は2400字。

……さて、どうしたものか。

というわけで大幅に文章を削らないといけない。僕はこれをダイエットを言っている。僕が文章を書くときは大体いつもダイエットしなきゃいけないくらい文字数オーバーになる。

文章は書いたら終わりではなくて、そこからまた別のステップに入る。この文章は本当に必要なのか。この言い回しはくどくないか。焦点を絞るためにこの話題は思い切ってなくしてしまおうか。そうした余分なぜい肉をそぎ落として、でも必要なところはしっかり厚みをもたせて、程よい文章ができあがっていく。

でも、せっかく書いたのはもったいないので、テキストファイルに保存しておいて、もしものときに備えておく。とはいえ復活することは滅多にないから、供養するつもりで今回のスナップを書いてみた。


しましょ(島田祥輔)
OTHER SNAPS